資本設備諮問委員会(CFAC)

  • ヤキマ学区では、教育長のトレバー・グリーン博士の要請 により、資本設備諮問委員会(CFAC) を設立しました。CFAC は現在、34 名の投票権を持つメンバーで構成されており、任命された地域社会のメンバー、5 名の YSDpreparatoria 学生、およびヤキマの東西地域を均等に代表し、関心を持つヤキマ住民からランダムに選ばれた特別席で構成され ています。 

    委員会担当

    • 多段階の長期施設改善計画のフェーズ1で解決すべき最優先のYSD学校施設問題を特定する。
    • 2023年6月までにGreene博士がconsejo escolar 、第1段階の債券計画を提案する。

    透明性を促進し、ヤキマ有権者の要望を尊重するための継続的な努力として、ヤキマ学区の指導者は、CFAC において支援と進行の役割のみを果たすものとします。 すべての委員会のリーダーシップと意思決定は、CFAC メンバーの声と要望によってのみ行われます。

    ミーティングは主に毎月第一水曜日の午後6時から8時まで、ヤキマの104 N. 4th Ave.で行われています。次回のミーティングは11月9日です。 このミーティングは一般公開されており、スペイン語の通訳サービスも提供されています。

    CFACが検討すべきYSD施設の問題点や関連するトピックを提出したい場合は、CFAC@ysd7.org までメールでご連絡ください。


     

CFAC会議議事録

お問い合わせ先

  • 委員会の詳細、および任命者の連絡先 については、Rob Darling博士((509)573-7032 またはDarling.Robert@ysd7.org)にご連絡ください。

    CFACが検討すべき問題やアイデアを共有したい場合は、CFAC@ysd7.orgまでご連絡ください。

     

会議内容

  • 次回ミーティング

    2022年12月7日   

    *午後5時から午後8時まで     

    *CFACは学校訪問のため、現地におりません。    

            

    所在地

    地区内のさまざまな学校